ABOUT US

ビジョン・ミッション:フォーバルを知る

フォーバルが掲げる「新しいあたりまえ」とは? 企業として目指す姿(ビジョン)、ビジョン達成のためになすべきこと(ミッション)を紹介します。

「新しいあたりまえ」を
創造し続ける
社会価値創出企業

「次世代経営コンサルタント」として
企業経営を支援する集団となり
中小・中堅企業の利益に貢献する

現在、われわれが挑戦している「新しいあたりまえ」が、「次世代経営コンサルティング」です。

「情報通信」だけではなく、そのフィールドを「海外」「環境」「人材・教育」にまで広げ、
今まで培ってきた独自のノウハウ・技術を生かし、中小・中堅企業の経営そのものを支援しようというものです。

中小・中堅企業の利益に貢献するコンサルティングファームになること、挑戦はこれからも続きます。

[ フォーバルの歴史と今後のビジョン ]

  • 2020年 企業利益に必ず貢献する集団になることへの挑戦

    • 新しいあたりまえ:「次世代経営コンサルタント」として日本の中小・中堅企業になくてはならない存在になる

  • 2009年 法人携帯電話の普及・通話料金のさらなる削減への挑戦

    • 新しいあたりまえ:携帯電話と固定電話の融合を実現

      スマートフォンとオフィスの電話が連動している「ホワイトビジネスフォンパック」ケータイ1台あれば、そこがオフィスに。

  • 2003年 回線基本料自由化への挑戦

    • 新しいあたりまえ:光ファイバー>IP電話でNTT基本料金が不要に

      法人向けFTTO-VoIPサービス「FTフォン」販売開始。

      回線基本料金の自由化に挑戦する。

  • 2002年 市内料金値下げへの挑戦

    • 新しいあたりまえ:日本全国3分7.5円、ユーザー同士は通話無料

      ソフトバンクBBとの合弁により、法人向け販社を設立。

      全国代理店網を構築、ADSL-VoIPによる通信コンサルを展開。

    • 新しいあたりまえ:課金単位を2分にすることで無駄な支払いをカット

      フォーバルグループもユーザーに対し、トラフィック量に関係なく通信量削減効果のある業界初の5.5円/2分課金のVPNサービスを提供。

  • 1995年 国際料金値下げへの挑戦

    • 新しいあたりまえ:国際電話も低価格に、請求書も一括で便利に

      多様化したキャリア・通信メニューに対し、ユーザー視点に立ったキャリア選択業を確立。第二種通信事業の先駆モデルとなる。

  • 1987年 県間・市外料金値下げへの挑戦

    • 新しいあたりまえ:アダプターをつけるだけで長距離通話料が割安に

      複数の電話会社の中から最も安い回線を自動的に選択する「NCC・BOX」を開発し、ユーザーに無料配布。新たなビジネスモデルを確立。

  • 1980年 電話機(ハード)の自由化への挑戦

    • 新しいあたりまえ:ビジネスフォンのリース販売

      ビジネスフォン販売に初めてリースを導入。業界初の10年間無料メンテナンス。

      それまでの高額な端末レンタルコストを改善。電話機自由化のムーブメントを起こす。